チップセットの動作確認をする

アニメチップの動作確認・床や地面のマップチップを並べるテスト

表紙  自分好みのタイル・キャラ素材を作ろう に戻る

歩行キャラセット(アニメチップ)の簡単な動作チェック方法

 2000/2003にわざわざインポートしなくても、アニメチップの動作チェック機能は大抵 お絵描きソフトに組み込まれている…はずである。もちろんALFARでも簡単にできる。
 歩行キャラセットの動作テストのやり方は実に簡単、右上に並んでいる絵柄アイコンの左から2番目がそのスイッチ「歩きアニメを見る」である。 見本のように「歩きチェッカー」という画面が出るので、設定をこのように合わせればOK。ms(時間=ミリ秒)と表示倍率はお好みで…。

 尚、この見本のパレットは「汎用歩行グラパレット」(gp_cpal2.act)を使用している。

 又、マップチップの「海」や「滝」等のアニメチップの動作確認も簡単である。 右上に並んでいる絵柄アイコンの左から3番目「パラパラアニメ」を選択して 数値を設定すればOK。



床や地面のマップチップを実際に並べてみる

 マップチップは1区画当たり16ピクセル四方、この寸法で作成した床や地面を使って実際に マップを組む場合、同じ物を多数並べなければならない。規則正しいカーペットの模様なら ともかく、草原・土・雪原といった微妙に色調に変化のある地面というのは、闇雲にドットを打っても いざ並べてみると均等にならないものである。そこで仕上げ段階では1ドット単位で修正を繰り返す ことになるのだが、いちいちRPGツクールにインポートして並べていたのでは大変である。そこでお絵描きソフトの機能を使うことにする。
 これも簡単、メインウィンドウ(編集画面)をテストしたい寸法(床や地面なら通常16×16)に合わせておいて、右上に並んでいる絵柄アイコンの一番左「並べて見る」を選択するだけである。 不自然な箇所があればグリッド表示を出しながら位置を確認し、ドット単位で修正していけば即座に表示も変わるので便利である。

素材開発関連



  • 素材にこだわる現代和風RPG
  • 自分好みのタイル・キャラ素材を作ろう

     16×16規格素材
     32×32規格素材

    表紙